海外のメーカーから薬を買うお手伝い

海外のメーカーから薬を買うお手伝い

薬に関して定めている薬事法では、海外医薬品を国内に居ながらにして手に入れる事は認めているのです。すべての薬はまだここから日本では未認可だから、その薬を思わしいと考えても病院で処方してもらえる事は不可能です。

それで現在注目がある方法が、輸入代行業者を利用するという事です。ある意味インターネット上にあるサイトで、そのサイトは全て日本語表記となっています。

そこは国内に関しての事であって海外では日本で売っていない薬であったとしましても、普通にドラッグストア等で売られてる事も少なくないです。わかりやすく言ってみれば、ある意味個人が直接海外のお店や企業、メーカーから薬を買う事です。

それを個人輸入と言う。日本で流通してる薬は、全て厚生労働省が安全性を認め、認可したものでしょう。

日本で認可されてる薬は勿論、未認可の物であって、も海外で一般に販売さている物であれば、大体の物を購入することが出来ます。代行者は利用者が海外のメーカーから薬を買うお手伝いをするだけですという事をご存知おくこと。

ただし、直接メーカー等と連絡を奪い合う時は、その国の言語でコミュニケーションを図らないそしたらいけない。